ルクリア ファン! 深部照射型無影灯 産婦人科用ルクリア ご利用ドクターインタビュー

ルクリア ファン! 深部照射型無影灯 産婦人科用ルクリア ご利用ドクターインタビュー

voice_001.png

深部まで光が届きながら、
目を守ってくれる新しいコンセプトに
共感しました。

マザーズクリニック TAMURA
院長 田村 友宏先生

マザーズクリニック TAMURA 外観

Q1 ルクリアを購入しようと思った決め手はなんですか?
2015年4月にマザーズクリニックTAMURAを新規開業致しました。
その時点で診療装置を新しく検討していました。
その中で、今まで使っていたハロゲンではなく、明るいと言われているLEDに変えようと検討していました。
しかし、LEDの光に眩しさを感じ、目が疲れるだろうなと懸念してたところ、有機ELという新しい光源を取り入れた診療灯を紹介されたのです。
Q2 使ってみていかがですか?
まずは、ギラつきのないLEDの光なのに、意外に子宮口の奥まで光が届いているのにびっくりしました。
有機ELを点けてると周りとのギャップがないことが目に優しいですね。
Q3 その他お気づきなった点はありますか?
ハロゲンは使ってて熱を感じましたが、ルクリアは発熱を感じませんし、15wと省エネでエコですね。まさに時代にあった診療灯だと思います。これからも愛用していきます。

プロフィール
田村 友宏 先生
マザーズクリニック TAMURA 院長・医学博士
日本産婦人科学会専門医/周産期(母体・胎児)専門医/
臨床遺伝専門医/ALSO-Japanインストラクター/
NCPR専門コースインストラクター

女性のトータル・ヘルスケアをサポートする
マザーズクリニック TAMURA
www.mc-tamura.jp

ありがとうございました!

産婦人科用ルクリア登場!