ブログ

【inVIEW】透過型と反射型の違い

inVIEWは、位相偏光技術を用いた検査機器ですが、照明装置のタイプには、透過型と反射型の2種類があります。

透過型は、特殊面光源の上に直接樹脂やレンズを置いて、容易に検査できる照明装置です。
今まで見えなかったレンズのひずみやゆがみ、樹脂のキズや異物混入を目視で確認できます。

反射型は、特殊LED光源で対象物を照らすので照明の位置を気にする必要がなく、自由な姿勢で検査作業を行えます。

透過型

【使用光源】特殊面光源
【用  途】主に透明なビニール、ペットボトル、ガラス、レンズなどのキズや不純物の確認

反射型

【使用光源】LED
【用  途】主に鋳造物、金属の表面のキズ検査、基板検査など

ウェアラブルタイプ
卓上型

おすすめ記事

  1. inVIEWは、位相偏光技術を用いた検査機器ですが、照明装置のタイプには、透過型と反射型の2種類があ...
  2. 医療用照明器には、下記のように、厳しい基準が求められています。
  3. 無影にするということは、どういうことなのでしょうか?下記は、影を消す為の基本的な光制御方法の...

カテゴリー

ページ上部へ戻る