目視検査での活用

目視検査での問題点と解決策

精密機器の検査時は、長い時間蛍光灯やLEDの光の中での作業になるため、
下記のような問題が生じます。

  • 熟練スタッフの経験値に左右される検査クオリティ
  • 生産ラインの設置位置によっては照明が適切に配置されていない
  • 長時間の目視検査による 眼精疲労

inVIEWは、これらの問題を解決します。
初心者でもキズや異物を容易に発見できます!
照明により、キズや異物が際立ちます!
ブルー光を低減させた照明は、眩しくなく目に優しい。

反射型卓上型inVIEWは、スクラッチ、汚れなどの目視による表面検査作業に適しています。ホコリやキズが容易に検出できるため、作業効率の向上につながります。inVIEWは特殊LED光源で対象物を照らしますので照明の位置を気にする必要がなく、自由な姿勢で検査作業を行えます。

透過型inVIEWステージは、特殊面光源の上に直接樹脂やレンズを置いて、容易に検査できる照明装置です。

今まで見えなかったレンズのひずみやゆがみ、樹脂のキズや異物混入を目視で確認できます。

透過型特殊面光源検査装置 inVIEW ステージ

inVIEW 卓上型 スタンド式

 

応用例

製品表面のキズ、異物の目視検査

対象物からの乱反射を取り除き、キズや異物が浮き出て見えます

電子基板の検査

照明の反射を取り除き、本来の表面情報を視認しやすくします

 

透過型 inVIEW 応用例

透明な樹脂の検査

レンズ、透明ビニール、パラフィン紙などの検査

 


inVIEWとは

ページ上部へ戻る