位相偏光技術

位相偏光技術 PHASERAY Technology

基本原理

光源の光は通常,複数の電磁波が束となっており、その光束を構成するそれぞれの波の方向はランダムです。
inVIEWでは、この「ランダムな光」を揃えること(偏光)が最初の要素です。

次に、inVIEWでは、この偏光した光を物質に照射して、画像となる情報を整えます。

inVIEWは被写体に円のように回る光(円偏光)を照射することにより、分子の立体的構造に由来するキラリティ(右手と左手のような立体的な違いと同意)の情報を取得します。

本技術では、理想的に円偏光された光を被写体に照射し、その反射光を、一対となる偏光フィルタを通して受光(眼・カメラ・センサー)することで、ギラつきを生む光成分がカットされ、視認性が向上できるのです。

 

技術の信頼性

特許取得 3件、出願中特許 3件

ページ上部へ戻る